進撃の巨人

最近話題の進撃の巨人を見ました。見るきっかけになったのは現在付き合っている彼氏でした。
元々漫画をあまり見ないのでなかなかきっかけがなく、少し遅れてのデビューとなりました。
初めに衝撃を受けたシーンは主人公エレンの母親が巨人に食べられてしまった場面でした。
人が人でない気がしました。現実の世界では人が自分より弱い生き物に同じことしているのかもしれないと感じました。
エレンはその時全ての巨人を駆逐することを誓います。巨人は人々の家や、家族を全て奪いました。
彼らの話はここからスタートしました。
エレンは飛び抜けての才能は無いですが強靭的な精神力の持ち主で誰もが彼にどこか影響を受けてしまう存在です。
次に注目すのがエレンの幼馴染のミカサです。ミカサは飛び抜けた才能の持ち主でいつもエレンを心配し、側にいます。
ミカサには辛い過去があり、その辛さや苦しみから救ってくれたのはエレンの家族でした。
ミカサにとってエレンは生きる意味であり希望の象徴です。
エレンとミカサの唯一親友のアルミンもまた注目したい人物の一人です。運動神経は周りより劣りますが、とても頭がよくいつもエレンとミカサの頼りになる存在の人物です。
他にも大勢魅力のある登場人物がいます。スピード感とドキドキが止まらない大変オススメのお話です。

19. 10月 2014 by books
Categories: 未分類 | Leave a comment